can go→*

Everything’s over once you give up !人生って一度きり!miaの日常あしあと日記。

ワーママ、派遣社員のメリットについて考える…。。。

f:id:mylifemyway:20181221124309j:plain

 

こんにちは。

私は今、フルタイムの派遣社員をしているワーママですが
新月になると「このまま派遣でいいのかな」という
漠然とした不安がふつふつと現れます。

 

同じ課に中途で入社した社員さんより、
正規雇用じゃないからって何か能力が劣ってるとは思わないし、
事務処理も数社経験してるからこその臨機応変さはピカイチだと思う←自意識過剰とも言う(笑)

 

では、
どうして私が派遣社員のワーママを4年間も続けているのか

 

それはやっぱり、
なんだかんだ派遣で働くデメリット(不安定・賞与なし…等々)より
今のわたしの状況ではメリットの方が勝るから。

なんですよね…。

 

ずばり、派遣は休みが取りやすい

と、こんなことを書くと激務な派遣先にいる方や、
派遣でも正社員同様のパフォーマンスを発揮している方には反感を買ってしまいそうですが(笑)

 

f:id:mylifemyway:20181221124954j:plain

 

私は今のところ、息子を産んで仕事復帰してから今の派遣先が3社目ですが、
どの職場も子供の急な体調不良や行事などでお休みを貰う際も
何か嫌味を言われたり、お休みを取りづらかったりした事は1度もありません
本当にありがたやーありがたや。恵まれています。

子供の急な体調不良による欠勤に備えてしていること 

私が日々仕事をしながら意識していることは、
当たり前のことかも知れませんが…。

「明日突然休んでも大丈夫なように仕事の進捗を明確にしておく」ことです。

 

お休みの連絡を入れる際、派遣先の担当者や社員さんに

「○○の処理が残っているのでお願いします」

「□□については○○までで大丈夫です」

できるだけきちんと報告を入れ、極力ご迷惑をかけないように努めています。

 

締め日や会議など、事務職でもこの日は絶対休めない!なんて日もあります。
そんな日に限って、子供って体調を崩すんですけどね…。。。笑


でも実際、
保育園のお友達のシフト制のパートや正社員の事務職で働いているママ友より、派遣ママの方が休みを取りやすいと思います。

でもそのためには 初めが肝心なんです

 

派遣先での顔合わせの時点で子育て中のアピールができる

派遣会社に登録して、派遣先を紹介してもらうと、派遣先との顔合わせという名の面接(表向きはあくまでも顔合わせ(^^;;)があります。

 

派遣のママ

顔合わせには、派遣元のスタッフ(営業さん)も同伴するので、
そのスタッフさんとの事前の打ち合わせ時に、
きちんとこちら側の要望や弱点となりうる事をお伝えしておけば、
顔合わせ時に派遣先の担当者へフォローを入れてくれます。

 

顔合わせと言っても、派遣スタッフ側も就業先の雰囲気を見たり、
派遣先の担当者もどんな派遣スタッフが来るのか、
補充要員としてのオファーの要件を満たせるのか
双方が色々な条件を天秤にかけ見極める為のものなので、
仮にこの顔合わせでお伝えしたこちらの要望
派遣先が飲めない場合は不採用になりますし、
逆にそれでもOKな場合は採用になる。という訳です。

 

私が派遣就業先の顔合わせ時に必ずお伝えしていること

  • 子供が未就学児
  • 急な体調不良や保育園の行事等でお休みを取ることがある
  • できる限り迷惑をかけないように努める

 

という内容3点は自己紹介の際に必ず盛り込んで伝えるようにしています。

 

 

出来もしないことを、採用されたいが為に出来ます!と豪語しても、確実に自分の首を絞めますし、それは子供にも後々飛び火しますので。:( ;˙꒳˙;):

 

幸いにも、今まで派遣会社から紹介してもらって顔合わせをした派遣先からは時間を置かずにOK!のお返事を頂けてるので、営業さんにも恵まれて私はラッキーなのかも知れません。

 

ワーママに告ぐ!派遣先は自宅周辺を探すべし!

 

子供が産まれる前までは、オフィス街の派遣先へ派遣されていましたが、子供が産まれてからの仕事復帰後は専ら、自宅近くで働いています

 

派遣ワーママ




ついつい、オフィス街にあるような街中の派遣先の方が、
時給が良かったりするので気になってしまいますが、

通勤時間の短縮って本当に大事だと思います。

朝の1時間、夕方の1時間。大きいです。

 

自宅の最寄り駅周辺や、バスで1本、自転車で、歩きで…

少し範囲を広げても、
自宅、もしくは保育園から30~40分で通える派遣先がないか、派遣会社にリクエストしてみると、案外、サイトに掲載されてない派遣先を紹介してもらえるかも知れませんよ٩( 'ω' )و 

 

市街地より郊外の通勤圏で仕事を探すのも◎


これは派遣元の営業さんからの情報ですが、
市街地(オフィス街)より、郊外の派遣先の方が競争相手が少ない確率が高いので、条件さえ合えば決まるのも早いんだそうです。

街中にある派遣先=交通機関が発達している=通勤可能圏が広い=応募人数も多い=競争相手も多い の図式ですね(´・-・`)

 

当然、子持ちのママはそれだけで評価が低くなってしまったり(突然の欠勤等のリスクの関係で)するので、条件のみでいけば採用もされにくくなる。というわけです。

 

 

最後に

わたしは大学卒業後、正社員としてメーカーで事務職をしていました。
結婚で夫の転勤に伴って退職することになり、それからずっと派遣社員として働いて、出産後もそれを続けています。

息子が3歳になって、そろそろ安定した正社員を…と思い就職活動もしましたが、そのタイミングで息子の持病が発覚し入退院を繰り返すようになった時期が重なってしまい、ひとまず、息子の体調が落ち着くまで息子優先の生活がしたいという気持ちが大きくなったので、融通の利く派遣を続けることにしました。

 

両親からは、安定する正社員を目指すべきだ と言われていますが、度重なる息子の入院で自分のことも考える時間が増えるたび、正直 60歳近くまでこの事務職を続けているというビジョンが私には浮かびません。

 

ビジョンが少し見えるまで(いつかなー笑)、しばらくは、このまま派遣のワーママを続けていこうかなと思っています。

 

この記事が少しでもお役に立てば嬉しいです。